×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本社に対する不満

日本の生命保険会社はかつて(今でも?)社会経験値やスキルが全般的に低い女性外務員を大量に抱え、彼女達の人脈を利用して、誰にでも同じような保険(定期付終身保険)ばかり売り続けてきました。
生命保険に加入する側も、バブルが弾けるころまでは、全体的に生命保険に対する意識は低く、多くは提案された保険の内容を詳細に検討することもなく、生保レディにすすめられた保険にそのまま加入していました。
ところが、バブルがはじけ収入がなかなか上がらなくなると、保険会社に支払う保険料が家計にとって大きな負担になりだします。
生命保険の中でもシェアが特に高い定期付終身保険は、ほとんどが更新型なので、加入してから10年か15年後には保険料が2倍くらいに跳ね上がります。
高度成長期からバブル期にかけては、給料が年々右肩上がりに上昇していたので、それほどの痛痒は感じられなかったでしょうが、給料が上がらず可処分所得が増えない中で、保険料が2倍も高くなるのは家計にとってかなり痛い話です。

また、外資の生命保険会社が黒船のように日本の生命保険市場に乗り込み、生命保険に無頓着だった日本人に衝撃を与えました。
ソニー生命やプルデンシャル生命などの“新しい”保険会社が打ち出した、保険や金融等の幅広い知識を持つ営業マン(ライフプランナー)による、お客のラインプランに基づいたオーダーメード型の保険販売法です。
このお客の話をじっくり聞き、個々の家計の状況や人生計画に見合うよう、保険を組み立てて提案する手法が広まったことにより、消費者側も自分や家族に合った、より緻密で適正な保険を求めるように変わっていきました。
今まで日本社がしてきたような、個人個人の事情はほとんど考慮されず、保険会社にすべてお任せするといった販売方法では、もう通用しない時代になったのです。

■ おすすめの保険相談サイト・ランキング


1位
保険マンモス 保険相談サイト
保険マンモスは、中立で実績と信頼のあるファイナンシャルプランナー(FP) による「保険無料相談」をおこなっています。パートナーFPは、AFP・CPF・MDRT等の資格を持ち、FPとして5年以上の豊富な経験と実績を積んだベテランばかりです…
保険マンモスをもっと詳しく
2位 ほけんの窓口 来店型保険ショップ
「ほけんの窓口」は、ほけんの窓口グループ株式会社が運営する来店型保険ショップです。複数の保険会社の保険を扱う独立系保険ショップとしては日本最大で、北海道から沖縄まで全国的に店舗を持ち、毎年18万人以上もの方が保険相談…
ほけんの窓口をもっと詳しく
3位 保険見直し本舗 来店型保険ショップ
保険見直し本舗は、東証マザース上場会社潟Eェブクルーのグループ会社の兜ロ険見直し本舗が運営する店舗型の保険ショップです。保険見直し本舗では、生命保険の見直し相談を無料でおこなっています。保険のことがよくわからない方には…
保険見直し本舗をもっと詳しく

4位: 保険キューイング

5位: FP相談.com